読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目系ひねくれニュース

真面目なんだけどひねくれた性格を持った人がひねくれた視点でニュースなどを斬る

歩きスマホより、前方不注視のながら運転のほうが危険だよ!~pokemonGOから見たプレイヤーの恐怖

こんにちは。

ひねくれ亡者です。

「pokemonGO」配信開始!

7月22日の午前、アメリカ等で人気になっているスマホアプリのpokemonGOが日本で配信された。私も配信当日にダウンロードした。

pokemonGOとは?

pokemonGOとは、GPSとAR(仮想現実)を利用し実際の街にポケモンをゲットし経験値を育てレベルを上げる。一定のレベル(レベル5)に上がると、赤、青、黄のチームのどれかに入ることができる。ジムに所属すると、ジムに指定されている建物でのジムバトルが可能になり、勝てばその場所のジムリーダになれる。

ただし、モンスターボールをゲットするには、ポケスポットと呼ばれる場所で手に入れるか、課金しか選択肢がない。

近くにポケスポットがあれば、無料でモンスターボール等のアイテムをゲットすることができるが、近くにスポットがない場合、その場所まで何かしらの手段で移動するか、課金するしかない。

ポケモン自体もポケスポットを中心にランダムで出てくるため、基本は外に出ないと話にならないゲームです。

日本では多くのpokemonGOの問題点が報じられている。

pokemonGOが日本で配信される前、アメリカで大ヒットしたのを機に各メディアが一斉に取り上げた。

それは良いことではなく、問題ばかりのものである。

主に上がってのは「歩きスマホ」。

基本、スマートフォンの中で行われるゲームだが、外に出ないと話が進まないだけでなくランダムでポケモンが出てくるので、片時も画面から目を離すことができなくなる。

これにより、一般の人と接触しケガを負わせてしまうだけでなく、電車や自動車にはねられてしまう危険性もあると指摘。

ここ2週間で感じた「歩きスマホ」より危険なものはいっぱいあるのでは・・・

配信開始から約2週間。実際にやってみて気づいたことは、自転車や自動車でゲームをしている人も結構いるということ。

近所にもポケスポットが多少あるが、そこには配信前に比べて路上駐車が多くなった。

そして、路駐より酷いのは前を見ないで運転する人が多い。

自転車でいきなり歩いている人に突進してくる

とある日の都内某所、筆者自身もpokemonGOでモンスターを探しに歩いていたところ、やけにフラフラしている自転車。

自転車に装着しているスマートフォンを見るだけ、前を全く見ない。

こっちも避けようと思い端に寄った瞬間、自転車が筆者の下へ突っ込んでくる。。。

衝突はしませんでしたが、かなりヒヤヒヤする場面でもありました。

自動車でも前方ではなく、目下のポケモン

自動車では、前を見ずにスマートフォンばっかり見ているドライバーを見かけます。

以前からこういうドライバーに遭遇していますし、信号待ちなら百歩譲っても良いですが、走行中の操作も多い。

信号のない横断歩道で待っていても、前を見ずに運転しているドライバーをちょくちょく見ます。

冒頭にも書いてある通り、歩いて行ける距離にポケスポットがない場合、自転車や自動車を使用しないとゲームが成り立たないメリットがあります。

これを地方格差という人もいますが、だからといってスマートフォンを見ながら運転していいわけでもなく、勝手に路上駐車していいわけでも無いんですよね。。。

警察による巡回も増えた?

最近、夜に警察の巡回が多くなった感じがします。多分ポケモン対策でしょう。

歩きスマホでも、怖い思いをしたりさせてしまったりすることもあるので対策しなければならないのですが、歩行者同士がぶつかるのと自転車や自動車とぶつかるのとどちらが危険かは一目瞭然だと思います。

本当に、このゲームは結構面白いんですよね!

しかし、最近pokemonGOが禁止になっている場所も発生しています。

だから問題提起ばっかり挙げて禁止する場所が増えないように、お互い気をつけて安全な場所でゲームをしないと、普通にプレイする人まで全員不幸になってしまってからでは遅いような気がします。