読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目系ひねくれニュース

真面目なんだけどひねくれた性格を持った人がひねくれた視点でニュースなどを斬る

2016年上半期 過去の人気アニメの復活が目立った上半期

こんにちは。ひねくれ亡者です。

今週のお題「2016上半期」とうことなので、2016年の上半期何か目立ったことはないのかな?と考えていると、2016年上半期は、過去に人気だったTVアニメ復活というニュースが相次ぎました。

そこで、今回は2016年に復活したTVアニメを取り上げてみたいと思います。

2016年に復活したアニメ

1.少年アシベ

TVアニメ版では、1992年から1993年にかけてTBS系列で放映されました。

主人公のアシベとペットであるゴマフアザラシの「ゴマちゃん」たちの交流を描いた「ギャグ」アニメであり、個人的には、アシベの性格の皮肉さが見所のアニメです。

放送終了から20数年の時を経て、2016年4月ついに「少年アシベGO!GO!ゴマちゃん」として復活。

残念ながら、TBS系列の放映ではなく、NHKEテレでの放映となります。

www6.nhk.or.jp

放送の内容は、過去に放映されていたアニメのリメイク版でありますが、声優も当時の声優と大きく変わり、昔よりアシベの性格が落ち着いています。

そのため、昔見ていた人からすると違和感があるかもしれませんが、慣れると懐かしさを感じるかと思います。

昔のアニメを見ていた世代も今は子育てする世代。親子で見ている人が多いみたいです。

2.こちら葛飾区亀有公園前派出所

TVアニメ版では、1996年から2004年にかけてフジテレビ系列で放送されました。

その後不定期回で放送されましたが、2008年以降放送がありません。

通常放送回では、時間帯の前後に「ワンピース」や「サザエさん」が続いたことから、日曜日の夜はこの3つのアニメを一気に見ていた人は多いかと思われます。

原作の方は、現在も週刊少年ジャンプで絶賛連載中であり、単行本も199巻発売されている「超」ロングセラー漫画でもあります。

亀有公園前派出所勤務の両津勘吉を主人公とした、同僚や周辺の人物を巻き込んでいつも警察の仕事以外でハチャメチャなことを行うアニメであり、大体ハッピーエンドで終わらないのがお決まりになっています。

放送終了から約8年。2016年8月に原作40周年を記念して復活することが発表されました。

www.oricon.co.jp

復活後も放映局、声優陣共にほとんど変わらず、相変わらずのストーリー展開がなされるようで期待は大きいようです。

今回は、主に2つのアニメを挙げてみました。この2つは昔から面白いアニメなので、見たことない人は一度見てみることをおすすめします。